<   2011年 03月 ( 16 )   > この月の画像一覧
banzai! 万歳ネギ!

びっくりした…
感激です。
ネギの花が台所で咲いていました。
a0129001_23513662.jpg




泥ネギ買ってひとつだけすっかり忘れてほったらかしていたのですね。
料理もせず、忘れていただけなのでお恥ずかしいのですが…
なんだか嬉し。


a0129001_2342337.jpg



かさかさになっていた部分や根っこの腐っているところを残念だけどとってしまって…
生けてみました?!(投げ入れ?)

絶妙なバランスで、万歳!しているようです。
万歳ねぎ、元気です!




=hope&light=
[PR]
by mono-prints | 2011-03-26 00:00 | 日々
Picture book 絵本 絵本
ミッシ…地震の揺れがくる前の合図?家が鳴く。
それで、「お、余震がくるぞ」とわかる。
ぴっ、ぴっぴっ…電話機が鳴く。
それで、昼間の停電の終わりがわかる。
どうやら電気が通ったのだ。

変わらない日常を送っているけれど、揺れていないのに揺れを感じたりちょっと過敏にもなってたりする…そう思えばより被災地や避難所の事を思う。そして福島近隣のことを。

すこしでも、笑顔をと、賛同して友人とかき集めて絵本を送ろうと。別々に送っても受取手が大変だろうし。って、私だけだと子供向けの絵本が少なすぎるのです。
子供がいたら、絵本も本棚にたくさんあるだろうけど今は少ない本棚の中から選書。
むむ、笑顔になるような絵本や今の心にすんなり入っていけそうな本を選ぶのって難しい。


そして、向こうを思いながら読む、読む、読む…すごく内容はいいけれど、ちょっと絵が強すぎるなぁとか、闇を連想させすぎるなぁとか…この絵本は向いてるかしら?なんて思いながら読む事があるなんて思いもしなかったけど、ちょっと嬉しい。

それにしても、これぞ!と思う絵本や送ってあげたい絵本はあるのに我が本棚にはなし。くやしいけれど、それこそ自分が持っている絵本の中で良いと思うものを。
買わない事も大事なプロジェクトなので、きっと誰かが選書してくれているだろうと願って、自分なりの小さなせいいっぱい。

わっははと、笑える絵本ではないけれど、私が小さな頃から好きで大人になっからも買い替えたりしてずっと持っているものです。異国情緒溢れる絵本の物語の中へ浸ってくれますよう、世界は広いと伝わりますように。
ちょっとお姉さん向きだけど大丈夫かな??心配。でも、混ぜて下さい…

もし、笑いが起きるようなすてきな絵本をたくさんお持ちのお方は、ぜひ!!

a0129001_9505988.jpg






a0129001_9514313.jpg


[PR]
by mono-prints | 2011-03-25 10:16 | 日々
PInk! 桜色

a0129001_1838189.jpg

少し疲れちゃったよね…って、言っても良いんだと思う。
そう、つぶやいて慰めて、ちょっとづつ後ろめたく思わず生活すること。

目を背ける事でつかの間の安らぎを得るのではなく…
ちゃんと受け止めて考え続けていけるように在ることが大事。


早咲きのオオカンザクラをみて、思わず駆け寄った。
やっぱり色には力がある。一木だけ悠々と空を仰いでいる生命力のある姿に涙が出そうになった。

ピンクって本当、沁みるんだ。ふわりと力が出る.
今まで身につけた事もない色だけど、色の力を思い起こさせられた。

美しいものを残さないといけないんだとひしひしと感じている。

被災地を無表情で見つめている幼子の瞳が、ずっと気になっている。
あの子たちの瞳の中にやきついてしまった光景…

美しいものを残していかないと…

9日ぶりに救助された16歳の青年が将来は「芸術家になりたい」と新聞に書かれていた。
人の心って奥深い。彼の体験がどんなふうに表出してくるかわからないけど、たった1口の水が必要な状況にあっても、それだけでは満たされない心の渇きや力があるのだと信じたい。

まるっきりこんな状況下では、意味がないものだと自覚と後ろめたさ。

それと同時に「時間差」というのがずっと頭の中にあった。
「今」でなくとも、「いつか」という思いで、どうしてもかじりついちゃうニュースから離れ、少しだけでも手を動かしていた。9日ぶりの救出の青年の言葉と表に出せなかった私の中のものとすっとリンク。

「戦時中に一輪だけ咲いていた庭先のバラを本当に美しいと思ったからじゃよ。」と、生涯バラを描き続けた絵描きのじい様の事もよく思い出す。

きらりと淡く美しいものを…


何にも描けないけれど、弁柄のピグメントをほんの少し透明メディウムに混ぜて、あわい桜色をつくってひたすらただただ塗り込んでいる日々。


a0129001_1841843.jpg

[PR]
by mono-prints | 2011-03-23 18:41 | 制作
Tokyo
a0129001_1920225.jpg








a0129001_1919869.jpg

[PR]
by mono-prints | 2011-03-21 19:20 | 日々
super moon
a0129001_23532637.jpg


夜空を見上げましたか?

今夜は、19年ぶりの月が地球にもっとも接近する「スーパームーン」ですって!
月と地球が最も遠い距離にある時と比べると、およそ14%も大きく、30%も明るく見えるそうです。

大きさは、正直わからなかったけれど、確かに明るい。
明るいような気がしますよ!

どうぞ少しでも多くの人が、今夜の美しく明るい月を見上げて下さいますように…

明日も晴れそうですね。

=hope&light=
[PR]
by mono-prints | 2011-03-19 23:58 | 日々
blackout 停電
a0129001_9531045.jpg


朝、7時頃からの停電。停電あけたので更新。
昼間の停電は、外の明かりもあるので特に不便も感じませんがお水が出ない事で、やっぱりおトイレに行きたくなっちゃうと必死な気分になります。お風呂に溜めておいたお水をバケツに入れてトイレに持ち込んで…真っ暗闇の中へ…。タンク式なので特に問題はありませんでした。



a0129001_10114628.jpg


昨日も1日のうちに2度停電がありました。
昼間と、夕方から夜にかけて。
さすがに、夜の停電は心細いものです。なぁんにもできないし。
ちょっと多めにろうそくをつけて、ガスが使えるのでお味噌汁を作りました。
そして、冷えた玄米にかけて”猫まんま”!

このろうそくだけ台所に居るのが、昔ペルーのタキーレ島という島に行った時の事を思い出しました。その島も電気は、公共の広場にしか通っておらず、島の人々はろうそくで過ごしています。小さな台所で、明かりひとつでご飯を食べた事を思い出し、懐かしい気分に。

今回のこの状況から豊かさの中にどっぷり使っている私たちは、やっと「つながっている」という意識が様々な意味で胸にしみているように思います。節電すれば、東北に届くかもと、いう思いもそうだし、今までの生活も福島からの原発から享受していた部分もものすごく多い。なのにその地域の方々にものすごく恐怖を与えてしまっている…。

停電の中、様々な事を想いました。なんともない状態の私でも夜の停電は心細くなるんだから、被災地の人々の心労はどんなものかと…?

a0129001_9575575.jpg


被災地の方が大変な思いをされているのだから、このくらいなんてことはない!のは当たり前ですが、もっと我欲的なものを見つめる事にもなりました。何度も計画停電が来ている場所もあれば、一度も来ていない所も。せめて、同じ地域で何度も一日にするのではなくて、本当に分散させてあげてほしい。それが、皆で負担することでもあるような?なんて、専門的知識もなくぼやいていると何か言われてしまいそうですね…

私みたいに一人で家にいる者は、なんとでもなるけれど、小さい子供を抱えたお家は、本当に大変だろうなと…。停電になると、隣近所から子供のびっくりする声が聞こえてくるのです。

計画停電は、もちろん必要な事なのでものすごく理解しているつもりでもこんな感情が湧いてくるなんて!こまったもんです。ちらほら、心ない行動の話や現状も聞くようになってきました…これからが本当に踏ん張り時ですね。

夜の停電の時、外を見ると近くでも電気が通っている所があり。ふむ。同じ地域でもいろいろ複雑らしいですね。月がいつも以上に美しい。

さぁ、今日もいい天気!

= hope and light =
[PR]
by mono-prints | 2011-03-18 10:30 | 日々
穏やかな日がありました…
被災地で亡くなられた方のご冥福をお祈りすると共に、被災された方に心からお見舞い申し上げます…

a0129001_2118783.jpg


3月に訪れた茨城。
とてもととても美しかった!

お邪魔した陶芸家の所も震災に遭われ、窯も作品も壊れてしまったそうです…。無念。
素敵な写真がたくさんあるのだけど…許可もとってないし、連絡もままならず…今はのせられませんね…。
a0129001_2120473.jpg

飼われていたおりこうさんのヤギ。どうかご無事で!





a0129001_21214697.jpg


そういえば、こんなんもやっていました。ちらりと拝見。
でもね、こちらの美術館でやっていたこ古陶の譜が面白かったな。被害がなかったらいいのだけど…

Save IBARAKI

筑波大の皆様が作ったサイトだそうです。
茨城の方々の情報!
[PR]
by mono-prints | 2011-03-15 21:36 | 日々
save Japan
胸の痛む事ばかりですね…
どうしても、テレビの前に釘づけになってしまいます。
気になってるのは、レポートに行っているテレビ局とかは、何か被災地に救援物資を持って行っているのだろうか??と、いうこと…せっかく駆けつけているんだから…なんて思ってしまいます。


少し教えて頂いた、こんな時に役立つサイトを紹介します。
ほんの少しでも覗いてくださった方へ伝わりますように…

福島の方も大変な事になってきましたね…
避難されている方の不安も大きいことでしょう。
実際の現場で働いてくださっている方、送りだしているご家族の方に感謝です。

原発についての不安や疑問に答えているサイト。
東大の原子力の専門家の方々のQ&A+解説です


停電もそろそろでしょうね。
うちは、昔ながらのタンク式のトイレですが、そうか!最近のトイレはタンクに水を入れるのではなく、直接ながすのね。

TOTOの停電時の水の流し方



何かあった時の予備知識にいいかも。

被災地の生活で作れるデザイン


教えてくださってありがとう。

テレビに映る被災地の人々の心のたくましさと美しさに泣いてしまうけど、同じ日本という船に乗った人々のうるっときてしまうつぶやき。


こころあたたく、出来る事を。
[PR]
by mono-prints | 2011-03-14 14:23 | 日々
earthquake
地震。
ゆらゆらゆらゆら…
一日たっても、余震が続いていますね。
どうぞ、まだ気をひきしめて。

こちらは、お陰さまで普通に生活できています。
家の物が少し割れたぐらいです。
a0129001_16172023.jpg


せめてちっぽけに今 出来る事は、エネルギーの無駄使いをしない事かしら…
また、夜がやってきます。

被災地に祈りを込めて…

prayer of Japan
[PR]
by mono-prints | 2011-03-12 16:19 | 日々
女の子の日?
そういえば、3月3日は、おひな様の日。
が、今年から、3月3日は板谷波山の生誕記念日として私には新たに刻まれました。

a0129001_2595041.jpg


いつ?どこでだったかしら?初めて波山の作品を観たのは?

その人物を何も知らなかったのですが、衝撃を覚えたのはすごく良く記憶に残っています。
もちろん、好みがはっきり分かれてしまうものでしょうが…なんというか、今まで観た事のないような陶磁器の美しさ…光を孕んだような甘美な色彩に目をうばわれたのです…。

パステルのような色彩とも言われますが、私はなんだかそれでは不十分なような気がしてなりません。 清々しく凛とした美しさがあります。




a0129001_3183986.jpg


明治という、国が様々に変化して行くなかで、個という表現に打ち込んだ固い決意を持ったが故か?

芸大時代には、岡倉天心との出会いもあり、彼が常々言っていた「美術は模倣はいかん、自分の創意でやったものでなければ、本当の自分がでていなければ、芸術でない、独創がなければいかん」ということの具現化が、後々の「創造」と「個性表現」の系譜へとなっていったと思います。





a0129001_2585941.jpg
a0129001_2583229.jpg


実は、不思議なもので様々なご縁があって、生誕記念に日に波山の生家や記念館を訪れる事が
できました。ただいま、本を読み進めている処ですが、いやはや、このお方の魅力的な事!
ぜひ、お会いしてみたかった…


a0129001_2593190.jpg

粋でお洒落。何でも自分で作ってしまうようです。
ボタンが表面に出ないよう、隠れています。
これは、制作する時にボタンが陶器にあたらないようにする工夫です。



a0129001_258674.jpg


さて、『HAZAN』の映画でも観てみましょうか。
[PR]
by mono-prints | 2011-03-11 03:32 | 展覧会 Exhibition