<< 青い光 紫外線 ultraviolet... >>
青い光

   露光機の青い光をみていて、ライブが始まる前の海の底のようなライブ会場を思いだした。


a0129001_1542174.jpg


4月6日に「Together for Japan」としてジェーン・バーキンが渋谷クラブクアトロで震災復興ライブを行なったのですが、たまたまチケットが当たりその場所にいました。

まだまだ、強い余震も続く最中、海外の方が出国ラッシュの最中、ジェーン・バーキンがやってきてくれたのです。
a0129001_1544837.jpg


彼女のメッセージもさることながら、久しぶりに聞いた寺島しのぶさんがポエトリーリーディングでしっとりと読んだ「私がいちばんきれいだったとき」茨木のりこにも、ぐっときた。戦争という時代を生き抜いた詩では、あるけれど「街はがらがら崩れていって…」なんて始まる詩は、いろんなものを飛び越えて確実にその時をつなげる強いものがあった。

ポエトリーリーディングの力にも久々に沁み入りました.

その後、久しぶりに茨木のりこさんの詩集「倚りかからず」を開き“ほしかった言葉”が散らばっている瞬きを感じた。言葉や、本は本当に引き?(惹き?)の時がある。何度も何度も、誰もが感じていることだろうけれど、ありがたい。


それにしても、同じ詩集が何冊かあるのにも笑ってしまう。
1冊は、旅をした時に立ち寄った友人にあげて帰ってくるつもりだったのに、帰りの電車の中でどうしても読みたくなってそのままカバンに忍ばせたまま一緒に帰ってきたんだった。

まだ、響くかわからないけど。今度会う時に渡してみよう。
[PR]
by mono-prints | 2011-06-30 15:17 | 日々
<< 青い光 紫外線 ultraviolet... >>