<< 直島ー其の二 せんねんきゅう >>
直島。ふたたびの其の一。
それにしても、暑い。。。
言葉にするな、と、言われてもつい出てしまいますね。

さて、今年は、ずいぶん早くに夏休み気分を味わって来ました.目的は、高知にいる仲良しのおばあさまにお会いする為ですが、欲張りに寄り道をしながらの旅。

高松で降りて美味しいうどんを頂いた後に船で向かったのは…

a0129001_102644.jpg

瀬戸内海に浮かぶ直島。

ベネッセアートサイト直島です。

a0129001_1024189.jpg


何年か前にも訪れたことがあったのですが、何度でも足を運びたくなるような、島の中に息づいているアートを体感出来ます。

直島の城下町に常設している家プロジェクトは、地区にある古い家屋や神社を再生させ、アート作品になっています。

a0129001_10204298.jpg

「碁会所」2006 須田悦弘 


a0129001_1023830.jpg


護王神社ー江戸時代創建の古社。本殿と拝殿と地下の石室を杉本緋色寺が手掛けた。
a0129001_1030941.jpg

「Appropriate Proportion] 2002 杉本博司

a0129001_10232980.jpg



この家プロジェクトの中で私が一番好きな作品が、ジェームズ タレルの 
南寺 「Backside of the Moon」1999

a0129001_10325640.jpg


設計は、安藤忠雄。
この建物の中に入って鑑賞、、、体感します。
係の人の指示にしたがって中にはいると…そこは、何処までも広がる暗闇。

声、と壁をたよりに手探りで座るべき場所へ進みます。

何かをみているのに何もみえない。
目を開いているのかさえワカラナクなるまで、ただ、ただ座って闇の中に座りつづけるのです。
そこで見えてくるものとは…   

以前体感した時とは、また違った想いや感覚が刺激されたように思います。
「みること、みえていること、みえていないこと」の世界に深く入り込める作品です。

かつてここにあった南寺という、地域の人々の精神的よりどころである場所。
その記憶をとどめる作品になっています。


作品は、写真撮影出来ないものが多いのですが、ふと気がつくと街のあちらこちらに…

a0129001_10474938.jpg

笑ってます。
こんなのも探すのが楽しい島歩きです。


あ、入りそこねましたが、、、実際に入浴出来るこんな銭湯もあります!

a0129001_105028100.jpga0129001_10514786.jpg



a0129001_10521657.jpg

a0129001_10522794.jpg



大竹伸朗 直島銭湯『I ♥ 湯』
[PR]
by mono-prints | 2012-07-30 10:58 |
<< 直島ー其の二 せんねんきゅう >>