<< とうとう到達 あれ? >>
ドナルド マクドナルド ハウス
先日、「ドナルド マクドナルド ハウス」のオープンハウスに終了30分前に滑り込みで、見学させて頂いてきました。

ドナルド マクドナルド ハウス
とは、世界中にあって、病気の子供とその家族が滞在できる施設です。
病気自身の子供もさることながら、それを支える家族たちにも精神的にも経済的にもさらに支えが必要だということで、40年も前から活動されています。

a0129001_11274821.jpg


滞在中に、一時退院を許可された子供にお料理を作ってあげられる広々としたお台所があったり、明るいプレイルームがあったり、何より宿泊できるお部屋も明るく奇麗で、きっとここに泊まられる方は、少しの間でもほっとしたり、疲れをいやすことが出来るのだろうなぁと、思いました。しかも、100%寄付で成り立ち、ボランティアスタッフの方々でほぼ運営されているようです。素晴らしい!

こちらで、ボランティアをされている方からお話を聞いていたので、なんとなく身近に感じでいましたが実際施設をこの目でみるとより、その必要性を強く感じました。

もしかしたら、私自身だって利用していたかもしれない。いや、これからだって何があるかわからないしな…と。

現在は、希望者に対して利用できる可能性を増やすべく、部屋の増室の為の寄付も募集しているようです。
私も、ささやかながらのちょっぴり寄付をさせて頂きました。

あ、もちろんあのドナルド マクドナルドのマスコットも応援?に来ていたみたいです。私は、残念ながら会えませんでしたが.ボランティアの方々みんながあの靴下!をはいていてなんだか、可愛らしかったです。

a0129001_11405958.jpg

[PR]
by mono-prints | 2014-10-24 05:00 | 日々
<< とうとう到達 あれ? >>